Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジー・アデール

 実に久しぶりのブログです。日常が忙しく、

美しい国

 安倍政権になってからの日本の来し方行く末を思うと自然と頭に浮かびました。美しい国。
 総理は数年前に最初に首相になった時、美しい国、とおっしゃっていましたが、美しい国とは何だ?とあまりに曖昧な表現に何が言いたいのか分からない、と思ったものです。
 日本は街も清潔で、他人に迷惑をかけることを最も嫌い、足並みそろえてはみださないよう、荒立てないよう、出る杭になって打たれたりしないように、と静かめに生きて行こうとする人が多数を占めている国だと思います。
その整然とした感じを美しいといえばそうかもしれませんが、現実には常識はずれのとんでもない人も多数いて、私のように接客の仕事をしている人間には、美しいなどと思える人は極わずかです。素直に人の目を見てありがとう、と言えるのは外国の人だけです。
 己の職務に忠実で、黙々と仕事に打ち込む人々がいたから高度経済成長を迎えて頂点に上り詰めることができたのでしょう。斜陽の一途をたどるかのような現在の日本を嘆いて、日本を取り戻す、という発言も出てきたのでしょうか。何から取り戻すのだよ、と思わず言いたくなります。
 過ぎて終わったものよりもこれからのことが大事だと思うのですが、首相はどうも過去と同じことをしたがるお方のようで、憲法を骨抜きにしかねないようなことをそそくさと決めてしまうあたり、なんとも言えず不安で不穏な気分になります。
 美しい国とは、本当はどこの国ににも当てはまる言葉だと思います。私はそれほどたくさんの国に行ったことはありませんが、いくつか訪れた国はどこもそれぞれ美しく、人もそれぞれ良い人達でした。国境を超えて皆で手をつないで一つになろう、などと簡単に言えるほど世界の現実は単純なものではありませんが、日本を危ない方向に舵取りすることだけはやめて欲しいと、心から思います。
 

初夏

 近所の玉川上水や小金井公園を歩くとうぐいすの声が聞こえて、さつきやツツジが満開になり、春から初夏へと季節は移ってきました。引越してまる二ヶ月が過ぎて、ようやく生活も落ち着きつつあります。
 
 4月の後半には義母が関西から出てきてくれて、図らずも毎年GWに開催されているらしい小金井公園を中心としたウォーキングフェスタさながらの長い距離を一緒に歩いてくれました。自宅から小金井公園、たてもの園見学、東小金井駅NONOWAを経由して、野川に出て、そのまま野川沿いを歩いて野川公園、武蔵野公園、と散策、まだ残っていた枝垂れ桜並木を見て、前原坂を登って武蔵小金井に。小金井公園はともかく野川までは車で行かないと無理かな、と思っていたので、このウオーキングはなかなか楽しいものになりました。夫や娘、私もいくらでも歩ける人達なのでそれに付いてきてくれてお義母さん本当にありがとう。花の名前をあまり知らない私達は、歩きながらいろいろ教えてもらいました。大変良い思い出になりそうです。

 しばらくガタガタして遠ざかっていたセッションもまた行こうと思っています。できれば相性の良い相手を見つけてバンドを組みたいものです。若い人と違ってどうしても気長に続ける方向になってしまうのですが。最近少しだけ’世界の終わり’というバンドにはまっているのですが、彼等はバンド結成時から共同生活をしているということで、それだけメンバー同士いろいろ共有していたら、話も早いだろうな、とちょっとうらやましく思いました。既婚者にはありえない選択だし、今となっては自分の家庭が一番落ち着くのですが、若い頃だったらちょっとやってみたかったかも、と思います。でも、一線を引きたがる性格なので若かろうがありえない話かな。。。。所構わず出張って行く性格だったら、私と音楽との関係はもっと違ったものになっていただろう、とは思います。

人にしかできないもの

 慌ただしく毎日を過ごしているうちに、4月になってしまいました。先週一杯桜が満開になり、大変美しい花を堪能できました。引越しして最初の春ですが、椿、梅に始まり、こぶしの花、木蓮、白漣、れんぎょう、ひがんざくら。ソメイヨシノ、枝垂れ桜、と周囲にたくさんの花を見てうぐいすの声をきいて、なんとも癒される思いをしています。もう少ししたら、ハナミズキの出番ですね、新緑と共に。

 「オリガ・モリソヴナの反語法」米原万里著 を読みました。夫に面白いよとすすめられて、やや厚めの文庫本を手に取って、あっという間に読み終えてしまいました。
 大変おもしろかったのです。タイトルの女性の一生を大人になった教え子女子達が解きほぐしていくさまは、推理小説のような体裁をとり、そこに旧ソ連のスターリンによる恐怖政治が絡まってきて、粛清の的になった主に知識人、文化人と呼ばれる人々の捕まってから収容所での生活がとても子細に描かれていて恐ろしいとしか言いようのないものなのですが、残酷な理不尽な大きな力の前で、一個人の思いや事情など本当になんの意味も力も持たないのだな、と改めて思いました。嫌なことです。とっても。

 著者の米原万里さんはもう他界していますが、少女時代に父親の仕事の関係で(共産党の方だったとか)チェコのプラハのソビエト学校に4〜5年在籍していたことがあるらしく、タイトルの女性教師も実在した人物(小説内容はフィクション)というだけあって、学校生活におけるその女性教師や子供たちの描写は手に取るようにいきいきとしていました。
 
 そして、私が強く印象に残っているのは、隔離されて家畜以下のような扱いを受けている収容所での描写です。何も情報がはいってこない、毎日が恐ろしく単調で絶えず空腹で、眠る場所さえ確保するのが難しいような収容所の中で、捕まるまでは、女優だったり、教師だったり、音楽家だったり、その他の専門的な仕事についていた人達が自らの記憶を頼りに本の朗読をしたり、芝居をしたり、歌ったりし始めて、皆眠る前にそれを楽しみにするようになり、相変わらずの重労働と空腹にもかかわらず、女たちの肌の色艶までよくなっていった、というあたりでしょうか。私はこの描写に人が人である所以をみた思いがします。芸術や学問は人間にしかできないことです。
 自分がとんでもなく億万長者だったらなにをしたいか、という話になると、常々芸術家や学者のパトロンになってみたいものだと思っているので、収容所でのくだりには深く共感したのでした。ロスチャイルド家のパノニカ嬢のように、才能ある人の庇護者になってみたいというのは、私の夢の一つです。相当突拍子もなく、自分がジャズミュージシャンになってライブをするよりも全く実現する可能性のない夢ですけれど。

積み切り

 大雪に泣かされた2月が終わり、引越ししてからの荷ほどきもようやく目処がたってきました。
 もう3月です。
 
 今回の引越しは、家を購入したこともあり、できるだけ費用を抑えたくて一見お得に思える”積み切り”というプランを選択しましたが、それが悲劇の始まりでした。2㌧ワイドで積みきって、多分段ボール30箱くらい残るでしょうね、という営業の言葉に、入居まで一ヶ月あるし自分たちで事前にちょこちょこ運べばなんとかなるかも、と考えて選んだプランでしたが、それがとんでもなかったのでした。
 
 実際、引越しの当日までに30箱くらいの荷物は運んでおいたのですが、やって来た引越し業者は、殆どは入りませんね〜、とはなから言い放って家具をメインにノロノロと積み込み、あとはぱんぱんで入りませんから、とさらっと言って出発し、30分ほど遅れて車で追いかけた私とほぼ同じに新居に着くというありさまで、プランも外れなら、作業員も外れのさんざんな引越しになってしまったのでした。前回の引越し時の業者さんが手際よくササッと動き、トラック2台使っても今回の料金よりも安かったので、やはりそちらに頼めばよかったね、と山のように残された荷物を前に愕然としました。
 
 そこから恐ろしい荷物運びがスタートし、一回の往復で段ボール10箱、その他の雑多な荷物を1500のワゴン車にギュウギュウに積み込み、土日で計7〜8回往復してなんとか運び終えたのでした。ありえないほど本が多い家なので重たい段ボールも沢山あって、何のために引越し業者に頼んだかわからない、と夫と大憤慨しながらともかく運ばなきゃで、それこそ必死こいて往復しました。
 運び終えた後、月曜日は指がむくんでパンパンになってしまって、もう本当に嫌だ、もうやりたくないと心から思いました。一週間ほどは本当に疲れてしまって、仕事には行きましたが帰宅すると殆ど使い物にならない状態でした。そんな中でも夫は夜中までせっせと荷解きをするので、結局私も何かと荷解きをしたので睡眠不足にもなるし、本当に大変でした。大変でも頑張ったおかげで、だいたいの荷解きはあの引越しのわりには早く終わったほうだと思います。

 今回の引越しで学んだこと。引越しプランで積み切りは絶対に選んではいけない。

 もう引っ越すことも無いと思いますが、声を大にして言います。絶対に積み切りを選ぶのはやめましょう。
 後から調べてみると、トラブルも多いらしいです。新居に入ってからの余力も大事なので本当に止すに越したことはありません。

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。