Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C89]

マサムネさん,すごく若いというより,まだ幼い!男の人は大人になってからもものすごく変わるよね.
そういえば,私の大学時代には,デビュー間もないサザンオールスターズがきてたと思う.私もサークルやらで見に行っていないですが.

立派になってからの駿河台の大学の食堂に行ったことがあります.コンビニがあったり,それまでの大学像と全然違った.
それはそうと,オープンキャンパスなんてシステムは昔はなかった.高校もそうだけど,受ける前にどんなところか調べるなんてことはあまりしなかったと思います.
先日オープンキャンバスにいくつか付き合ったけど,各大学トートバッグや大学のグッズを配ったり,これにも驚きました.
  • 2012-10-14 21:14
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C90]

そうです、私の時もオープンキャンパスなんてものはなかった。大体、大学というのはもっと超然としていて、来てください、なんてアピールする時が来るなんて昔は夢にも思いませんでした。子供もたくさんいた時代だから、大学側も選び放題だったでしょうしね。
大学事務の仕事をしていた友達は、最近の大学生活事情はあまりにも親が関わっていることにとても驚いていました。特殊な例かも知れませんが、留年しそうな学生の親が事務に泣きついてきたり。えっ?大学でしょ?と耳を疑いました。まさか大学でも三者面談とかするんじゃあるまいな、と思ってしまいす。そういえば、新聞記事だったか、就職指南は親も一緒に、なんてのも目にしたことあります。勘弁してほしいところです。

マサムネさんは幼く見えましたか。私は今よりも老けているように思えました。。若い内に老けてしまって変わらないのかなぁ、と。今は地味なりに洗練されているのでしょうね。長年に渡ってバンド活動を続けて、一定のクオリティーとセールスを保っている自信が現れているように思います。
それだけにこの荒削りな4人の荒削りな演奏は貴重だと思います。

  • 2012-10-14 21:57
  • takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/95-e179ef22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鳥になって

 スピッツのインディーズ時代の名曲です。
 
 今年の夏は高2の娘がオープンキャンパスへ行かなければならないということで、私の母校に連れて行きました。まだ漠然としたものしか将来を思い描けず、それどころか今を懸命にこなさなければならない状況で進路を決めるのはなかなか大変だとは思いましたが、時は来るし、そこに決めなくても大学を目にしておくのはやはり早いほうがいいだろうと、何より最低一校は見てくること、と学校に言われてるのもあって、行ってみました。
 まず私自身が、母校の変容ぶりに驚きました。古くて、お世辞にも綺麗とはいえないけれど、神田駿河台の街をそっと抱えるように建っていた味わい深い記念館がなくなり、高層化した校舎になって街にそびえ立っているのは知っていましたが、中に入ってみて更に驚きました。ともかくエレベーターに乗らなきゃ授業に出られないし、教室の椅子も机もまぁ綺麗なこと、床はカーペットだし。ただ試しに受けてみた模擬講義は面白かった、懐かしかった。お世話になった先生方ももう皆様退職されているけれども、一気に学生の頃を思い出しました。
 娘は、やっぱり高校と大学は全然違うね、と少し具体的に大学というものを捉えられるようになったようなので、行ってみて良かったということなのでしょう。
 私はといえば、完全に経営に走っている母校にあきれつつ、時代に即して柔軟に変化して生き残っていこうとするたくましさを少し誇りにも思いました。しかし、本来大学が持っているべきアカデミズムとはどんどんかけ離れて、ちょっと就職予備校じみてはいないかと、ほろ苦い思いも持ちました。
 
 タイトルの「鳥になって」を歌っていた頃のスピッツは丁度私が在学中に駿台祭に来たのでした。
しかもその頃の私は違うインディーズバンドのライブに行っていて、彼らの存在も知らなかった。駿台祭の頃は旅行していた記憶だし。
 当時の彼らを見てみたかった、という思いは強くあります。動画を見ると時代を感じますが、自分も知っている空気がきりとられていてとても懐かしいのです。
http://www.youtube.com/watch?v=QnxizOJrz1c
スポンサーサイト

コメント

[C89]

マサムネさん,すごく若いというより,まだ幼い!男の人は大人になってからもものすごく変わるよね.
そういえば,私の大学時代には,デビュー間もないサザンオールスターズがきてたと思う.私もサークルやらで見に行っていないですが.

立派になってからの駿河台の大学の食堂に行ったことがあります.コンビニがあったり,それまでの大学像と全然違った.
それはそうと,オープンキャンパスなんてシステムは昔はなかった.高校もそうだけど,受ける前にどんなところか調べるなんてことはあまりしなかったと思います.
先日オープンキャンバスにいくつか付き合ったけど,各大学トートバッグや大学のグッズを配ったり,これにも驚きました.
  • 2012-10-14 21:14
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C90]

そうです、私の時もオープンキャンパスなんてものはなかった。大体、大学というのはもっと超然としていて、来てください、なんてアピールする時が来るなんて昔は夢にも思いませんでした。子供もたくさんいた時代だから、大学側も選び放題だったでしょうしね。
大学事務の仕事をしていた友達は、最近の大学生活事情はあまりにも親が関わっていることにとても驚いていました。特殊な例かも知れませんが、留年しそうな学生の親が事務に泣きついてきたり。えっ?大学でしょ?と耳を疑いました。まさか大学でも三者面談とかするんじゃあるまいな、と思ってしまいす。そういえば、新聞記事だったか、就職指南は親も一緒に、なんてのも目にしたことあります。勘弁してほしいところです。

マサムネさんは幼く見えましたか。私は今よりも老けているように思えました。。若い内に老けてしまって変わらないのかなぁ、と。今は地味なりに洗練されているのでしょうね。長年に渡ってバンド活動を続けて、一定のクオリティーとセールスを保っている自信が現れているように思います。
それだけにこの荒削りな4人の荒削りな演奏は貴重だと思います。

  • 2012-10-14 21:57
  • takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/95-e179ef22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。