Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C43]

恥ずかしいって感じ,日本人的なものかもしれないですよ.よく言われるじゃないですか,もっと感情を出して欲しいとか.でも無理には出来ないんじゃないかなって思う.出来るとしたら,恥ずかしがってる様子を隠さずにいることかなって思ったり.
どこかでモンクのことを自分の表現を出すことを恐れない人とかいうニュアンスで表現されていたけれど,ということは,そっちの国でもある程度縛られてたりするのかな?
  • 2012-05-08 19:33
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C44]

日本人的なものも多分にあると思います。
でも、なんていうんでしょうかね、音の壁のようにがっしりと構築されたクラシックにくらべると、自分の出す音の頼りない感じ、丸裸にされて居るような気分というのがあって、国が違ってもそういう感覚に陥る人はいると思います。
アポロンの中でもクラシックの人間だから、完璧を求めすぎてしまうのかもしれないね、というくだりがありましたがその通りだと思います。
単にアドリブだけならむしろ照らいなく弾けるのです。
曲全体をその場でまとめて完成させるのが難しい。
そこでまた場数という言葉がちらつき始めるのです。
  • 2012-05-09 00:29
  • takako
  • URL
  • 編集

[C45]

ジャズの魅力はロックともクラシックとも違うね.ソロもいいけれど,他の楽器とのぶつかり合い,コミュニケーションがその時々に違う仕上がりを見せてくれる.そんな世界に足を踏み入れたtakakoさんを遠くから応援しています♥
  • 2012-05-09 18:12
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C46]

chakaさん、ありがとう。^^;
しかし、場数と言いながら何年過ぎたことやら、おそろしやです。
shigeyukiさんとでもセッションに遊びに来てください、もうちょっと恥ずかしくなくなったら。
  • 2012-05-09 18:36
  • takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/76-f2b22f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

恥ずかしい気持ちの克服

先日の話に引き続きなのですが。
今でも多少残っていますが、クラシックの出来上がった譜面を一生懸命弾いていた時には覚えのない感覚をジャズを始めてからピアノを弾くときに持つようになりました。

恥ずかしい、という気持ちです。

完璧な譜面をひたすら再生することに心血注ぐクラシックでは自分の技量を問われる怖さはあっても、作品に対しては絶対的な評価が後押しして、むしろ堂々と弾けた気がします。こんな凄い曲を弾けるんだよ、と言うふうに。
しかし、ジャズはどんなに拙くても自分のハートから出てくる音を紡いでいかなければなりません。
これはとても恥ずかしいことでした。自分のアレンジしたものを他人に聴かせるのも本当に穴があったら入りたいくらいの気持ちになりました。
いまでも、セッションで時々たまらなく恥ずかしい時があります。イントロを出して皆をひっぱてゆく、エンディングを華麗にきめて、曲をきちんと締める。どちらもどうもおっかなびっくりになってしまっていけません。アドリブよりもそちらのほうが私には難しい。
恥ずかしいと言う気持ちを、いい方向に転換して克服できる日を目指してセッションに通っているのかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

[C43]

恥ずかしいって感じ,日本人的なものかもしれないですよ.よく言われるじゃないですか,もっと感情を出して欲しいとか.でも無理には出来ないんじゃないかなって思う.出来るとしたら,恥ずかしがってる様子を隠さずにいることかなって思ったり.
どこかでモンクのことを自分の表現を出すことを恐れない人とかいうニュアンスで表現されていたけれど,ということは,そっちの国でもある程度縛られてたりするのかな?
  • 2012-05-08 19:33
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C44]

日本人的なものも多分にあると思います。
でも、なんていうんでしょうかね、音の壁のようにがっしりと構築されたクラシックにくらべると、自分の出す音の頼りない感じ、丸裸にされて居るような気分というのがあって、国が違ってもそういう感覚に陥る人はいると思います。
アポロンの中でもクラシックの人間だから、完璧を求めすぎてしまうのかもしれないね、というくだりがありましたがその通りだと思います。
単にアドリブだけならむしろ照らいなく弾けるのです。
曲全体をその場でまとめて完成させるのが難しい。
そこでまた場数という言葉がちらつき始めるのです。
  • 2012-05-09 00:29
  • takako
  • URL
  • 編集

[C45]

ジャズの魅力はロックともクラシックとも違うね.ソロもいいけれど,他の楽器とのぶつかり合い,コミュニケーションがその時々に違う仕上がりを見せてくれる.そんな世界に足を踏み入れたtakakoさんを遠くから応援しています♥
  • 2012-05-09 18:12
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C46]

chakaさん、ありがとう。^^;
しかし、場数と言いながら何年過ぎたことやら、おそろしやです。
shigeyukiさんとでもセッションに遊びに来てください、もうちょっと恥ずかしくなくなったら。
  • 2012-05-09 18:36
  • takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/76-f2b22f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。