Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C41]

もう既に亡くなったプレイヤーばかりだし,音だけで聴くしかなかったけど,動画をみると全く違う発見がありますね.生き生きとうれしそうに演奏していたり,緊張しつつ出番を待つ律儀な姿….
他に色々出来るけれどジャズをやってるというのではないのは,一目瞭然ですね.それを仕事としてやらないと暮らせないのはもちろんのこと,魅力に取り付かれているみたいだし.そういうすべてに感動します.
  • 2012-04-28 22:25
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C42]

私は初めてこの動画を見た時は開いた口がふさがりませんでした。もしこの会場にリアルタイムで居たとしたら、腰を抜かすほどビックリしたと想います。それくらい迫力あると想います。
  • 2012-04-29 10:41
  • takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/73-33cec8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チュニジアの夜

この曲をCDで聞いていたとき、このドラムはなんて主張が激しいのだろう、まるで太鼓だなと思いました。
まだアートブレーキ―を知らない頃です。ドラムにも歌があるのだということを初めて知りました。
なんだかわからないけれど、とても熱くとても激しくとても強く訴えてくるドラムの音は忘れられなくて、それがチュニジアの夜でした。曲自体も格好いいのですが(セッションでホストさん達の演奏で聴いてもしびれます)、それをあますことなく、いや乗り越えて更に強くうったえてくるのがアートブレーキーのドラムです。
大変心うたれます。雄弁です。
Art Blakey's Jazz Messengers - A Night In Tunisia (live '58)
スポンサーサイト

コメント

[C41]

もう既に亡くなったプレイヤーばかりだし,音だけで聴くしかなかったけど,動画をみると全く違う発見がありますね.生き生きとうれしそうに演奏していたり,緊張しつつ出番を待つ律儀な姿….
他に色々出来るけれどジャズをやってるというのではないのは,一目瞭然ですね.それを仕事としてやらないと暮らせないのはもちろんのこと,魅力に取り付かれているみたいだし.そういうすべてに感動します.
  • 2012-04-28 22:25
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C42]

私は初めてこの動画を見た時は開いた口がふさがりませんでした。もしこの会場にリアルタイムで居たとしたら、腰を抜かすほどビックリしたと想います。それくらい迫力あると想います。
  • 2012-04-29 10:41
  • takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/73-33cec8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。