Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/6-40752f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Moon River

だいぶ朝晩が気持ちよく涼しい感じになってきました。本来なら、肌寒いという表現になるべき時期なのでしょうけど、今年はいまだに秋が深まってゆくという感覚とは程遠く、日中暑い天気が続いているように思っていましたが、夕方自動車で環八を走っていたら、立体道路の上に見事な鱗雲がひろがっていました。暗くなって空を見れば澄んだ夜空にくっきりとした月。着実に秋は深まっているようです。

映画『ティファニーで朝食を』。カポーティ原作、ロバート・エドワーズ監督、オードリー・ヘプバーン主演。1961年米映画。
澄んだ夜空の月を見ると思い出す映画です。
ヘプバーン演じるヒロインはどちらかといえばけたたましいタイプだったと記憶していますし、劇中も決して静かに話が進行したりしてないのですが、印象は澄んだ夜空に浮かぶ月なのです。
それはあれでしょう、ムーンリバーが主題歌なんだから、当然じゃない、と言われればそれまでなのですが。。。
自分の中ではこの映画のオープニングシーンのせいかな、と思っています。
早朝の静まりかえったニューヨークのティファニー宝石店の前に、一台のタクシーが音もなく滑り込んでくるところからこの映画は始まります。本当に冒頭の数分?数秒?音らしい音がしないのです。いつの間にかタクシーがとまって、中から夜っぽい恰好をしたヘプバーンが降りてくる、そのあたりからムーンリバーが流れたように記憶しています。このオープニングの静けさは、この映画にとても大きな効果を与えている、と勝手に思っています。

ムーンリバー。
大変有名な曲で、とても美しい曲。
ジャズピアニストのブラッド・メルドー『ライブアットヴィレッジバンカート』にはいっているムーンリバーは大変良いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/6-40752f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。