Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C2]

じめじめた空気ごめんなさい,と,いいたくなるのは夏至生まれだから.まあ,グミや,サクランボ,そんな木の実の時と思ってくだされ.
最近ちょっと心が揺れたのはこれ,ギターも魅力的.

http://www.youtube.com/watch?v=2XggjVo3j-o&feature=related
  • 2011-06-14 21:20
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C3]

chakaさん
ということはもうすぐお誕生日なんですね。おめでとうございます。雨の合間のむせ返るような緑の中を走り抜けるのもなかなか気持ちいいものですよ。
エラのボーカルはあまりよく聴いたことがなかったのですが、意外に高くてかつ音域広いですね。ドキドキしました。素敵です。
  • 2011-06-16 00:52
  • Takako
  • URL
  • 編集

[C4]

ピアノをひく少年というだけで十分興味をひかれますが,
大人の世界に足を踏み入れてまで自分を出せるなんて.

エラ・フィッジェラルドに詳しい訳ではなかったのですが,動画で歌ってるのを見ると,クールなものを感じます.例えば,ビリー・ホリディが情感に揺られて歌ってるのに対して,真逆な感じ.ちょっとモンクに系統が近いのかしら.曲の構造や,歌声の効果に集中してる感じがしました.
この曲はずっと前に別の人のを聞いて,勝手に幻想的な河を想像してたけど,こういう内容だったのだと初めて知った.お泣きなさい,河のごとくみたいな.
  • 2011-06-16 18:50
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C5]

エラの声は器の大きさを感じさせるように思いました。歌手としての技量もそうですが、何かその人の大きさを感じさせる。

Cry me a riverで思い出しましたが、十年くらい前かもしれませんが、八代亜紀がテレビで歌っているのを見たことがあります。彼女は個人的には是非ジャズのスタンダードのアルバムを出して欲しいくらい、実はジャズを歌える人だと思っています。スキャットもしていたと思います。

セッションの少年は、自分を出せるのはまだまだ先の事だと思います。母上が音楽活動に関してはとても寛容だということ(やはりクラシックピアノを弾くらしいです)、そして何より真剣な眼差しからわかる本人の意欲、この二つと、まだまだ成長過程の子だと思うと、非常に楽しみですよ。
  • 2011-06-16 22:45
  • Takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/51-706ea52c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

梅雨

じめじめと湿気を含んだ季節になってきました。
毎年思うことですが、新緑が綺麗で空気も軽やかで気持ちの良い時期がいつの間にか梅雨へと突入してしまう境目というのは、本当にいつの間にかとしか言いようがなくて、気づかないうちに終わってしまう最良の季節を惜しみつつ傘差しの自転車運転で動きまわるこのごろです。
梅雨というのは終わると猛暑の夏が待っているし、何よりも6月が終わると一年の半分が過ぎてしまっているということで、全く油断がならないモノであります。

昨日のセッションで演奏した曲。
I'll close my eyes
Blue bossa
Beautiful love
Blues in F

管、ギター、ボーカル、ピアノと程良くバランスのとれた参加者の中に初めて来ましたという、高校生男子がいました。クラシックピアノをやっていて、ギターも少し弾くらしいがジャズは全く初めて、興味があってということで、彼の知り合いの常連さんが連れてきていました。一曲テーマだけ弾いていましたが、高校生から興味があってセッションに来られたら世界が広がっていくよね、と思いました。頑張って欲しいものです。真剣にキラキラした目で聴いていた姿が印象的でした。

スポンサーサイト

コメント

[C2]

じめじめた空気ごめんなさい,と,いいたくなるのは夏至生まれだから.まあ,グミや,サクランボ,そんな木の実の時と思ってくだされ.
最近ちょっと心が揺れたのはこれ,ギターも魅力的.

http://www.youtube.com/watch?v=2XggjVo3j-o&feature=related
  • 2011-06-14 21:20
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C3]

chakaさん
ということはもうすぐお誕生日なんですね。おめでとうございます。雨の合間のむせ返るような緑の中を走り抜けるのもなかなか気持ちいいものですよ。
エラのボーカルはあまりよく聴いたことがなかったのですが、意外に高くてかつ音域広いですね。ドキドキしました。素敵です。
  • 2011-06-16 00:52
  • Takako
  • URL
  • 編集

[C4]

ピアノをひく少年というだけで十分興味をひかれますが,
大人の世界に足を踏み入れてまで自分を出せるなんて.

エラ・フィッジェラルドに詳しい訳ではなかったのですが,動画で歌ってるのを見ると,クールなものを感じます.例えば,ビリー・ホリディが情感に揺られて歌ってるのに対して,真逆な感じ.ちょっとモンクに系統が近いのかしら.曲の構造や,歌声の効果に集中してる感じがしました.
この曲はずっと前に別の人のを聞いて,勝手に幻想的な河を想像してたけど,こういう内容だったのだと初めて知った.お泣きなさい,河のごとくみたいな.
  • 2011-06-16 18:50
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C5]

エラの声は器の大きさを感じさせるように思いました。歌手としての技量もそうですが、何かその人の大きさを感じさせる。

Cry me a riverで思い出しましたが、十年くらい前かもしれませんが、八代亜紀がテレビで歌っているのを見たことがあります。彼女は個人的には是非ジャズのスタンダードのアルバムを出して欲しいくらい、実はジャズを歌える人だと思っています。スキャットもしていたと思います。

セッションの少年は、自分を出せるのはまだまだ先の事だと思います。母上が音楽活動に関してはとても寛容だということ(やはりクラシックピアノを弾くらしいです)、そして何より真剣な眼差しからわかる本人の意欲、この二つと、まだまだ成長過程の子だと思うと、非常に楽しみですよ。
  • 2011-06-16 22:45
  • Takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/51-706ea52c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。