Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/5-489cc43f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スラムドッグ・ミリオネア

スラムドッグ・ミリオネア
映画スラムドッグ ミリオネアをDVDで観ました。2008年イギリス映画、監督はダニー・ボイル(トレインスポッティング、ザ・ビーチなど)。
公開当時ずいぶん話題になっていたので、スラムで育った若者がクイズ番組で一攫千金を当てて、億万長者になるという大雑把なストーリーは知っていましたが、実際にはかなり重い内容でした。インドの貧困、多宗教、児童虐待、人身売買などあらゆる問題が主人公のそれまでの人生を振り返る中で、浮き彫りになってきます。。。

もう十年以上前のことになりますが、フィリピンのセブ島に旅行した時のことを思い出しました。
セブシティの中を歩いていた時、我が目を疑うような光景の数々が目に飛び込んできました。道の真ん中で突っ伏して倒れていた5~6歳くらいの少女。とっさにどうしたんだろう、行き倒れだろうか、助けなければと思ったのに現地の人たちは平然と、中にはまたいでゆく人もいる。信じられなくて、彼女をよく見ると、小さな手の先にはしっかりとお茶碗が握られていました。彼女は行き倒れてるふりをした物乞いだったのです。
日本では誰でも入れるようなファーストフード系のお店も、セブではお金持ちの子弟と思しき学生、マダムなど特権的な人しかお客にいなくて、大きなガラス窓の向こうでは、杖をついた太った老婦人がぱらぱらとむらがってくるストリートチルドレンを、ハエを散らすかのように杖を振り回して追い払っていました。
子どもが保護されずに粗末に扱われている現実。この映画の中でも、それが痛列に描かれていました。

しかし、全体的にはテンポよく、楽しめる映画でした。イギリス映画なのに、エンディングにインド映画さながら出演者たちの無意味なくらいの楽しそうなダンスシーンがあって良かったです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/5-489cc43f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。