Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/47-d9db9b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『アラビアのロレンス』

『アラビアのロレンス』
1962年イギリス映画 デビッド・リーン監督 ピーター・オトゥール主演

以前にも見ようと思っていて借りていたのに時間がなくて結局観られないまま返してしまった映画。
あまりにも名画として有名でかえって観そびれ続けてきた作品のひとつ。
実在したイギリス人将校T.E.ロレンスの原作を元に作られた歴史大作。
テーマ曲も有名です。

アラブ情勢は今でも複雑で、同時代人でも勉強しないと理解しづらいところがありますが、この映画はさらにさらに昔、1916年のエジプトから始まります。アラブの多数の部族がオスマン帝国から独立する為に戦ったけれども、最終的にはイギリス、フランスに分割統治されてしまう、独立闘争の指揮者であったアラブの王子もそれを了承する、三者でオトナの話しをつけて、結果的にアラブ人にアラブをとりかえす、という大義を掲げて戦ったロレンス大佐は余計者、用済みの人間として去っていく。大雑把にいえば、そういうあらすじです。

圧倒的な砂漠の風景のなかで繰り広げられる物語の中に、見事なほど女性が一人も出てきませんでした。時代背景やイスラム教のことを考えると当然なのかもしれませんが、これだけの大作を今撮ろうとしたら無理やりにでもどこかに美人女優がねじ込まれてしまうかもしれません。むくつけき男性ばかりなのに、息苦しいことなくみることができました。
流れるような砂の模様や、遥か遠くの地平線で揺れる陽炎や、静かに沈んでゆく太陽や、そういった風景が丁寧に撮影されていて、詩情を感じさせるシーンが随所にあったからか、と思いますが、ロレンスの人物像の複雑さも大きかったのではないかと思います。
軍人というよりも、もっととらえどころのない、学者肌なのか芸術家なのか。流血を極度に嫌いながらもやむを得ない成り行きで人を処罰するとそれが快感になる。先見性もあるし、頭脳明晰なのも間違いないのですがそれを飛び越えて、どこか不確かな感じ。貴族の庶子という生い立ちのせいなのか、アイデンティティーがつかめない感じ。
白黒ハッキリさせないと生きていけない厳しい砂漠の世界に生まれたハリト族の首長とは対照的な人物像です。
ロレンス演じたピーター・オトゥールの虚無的な青い瞳は砂漠の中にどこまでも広がっていくのではないかという印象を受けました。

ロレンス




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/47-d9db9b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。