Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/3-fcc260d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビニール傘

少し前まで暑くてどうかなりそうだったのに、この数日ですっかり秋めいてきましたね。
雨がやみません(東京)。

自転車で動くことが多いので、雨降りの日は傘差し運転になります。傘差し運転には実はビニール傘がうってつけなのです。
透明だから、かなり頭に傘をかぶせても視界が効くので(水滴がついたりで決してクリアではありませんが)とても重宝しています。
ただ、高い建物の傍を無防備に走り抜けようとしたら、ビル風にやられてあえなくお猪口になってしまったことも何度かあります。
それなりの注意が必要ということで、そうなると多少視界が制限されても、もっと丈夫な普通の傘の方が良いのかという、どちらでもどうでも良いような話になってしまいますね。

ただ、このビニール傘を使っていると、ふと”シェルブールの雨傘”という映画のオープニングシーンが頭をよぎることがあります。
色とりどりの美しい傘が行き交う様子を高い場所から、真上から、写していました。花が咲くように開かれる傘が本当に綺麗でした。
それとともにガラスのような繊細な美しさだったカトリーヌ・ドヌーブの面影も浮かんできます。当然のように、有名な主題歌”I will wait for you"も。ここまでいくともう脳内お花畑状態になってしまいます。
そこで我にかえって、お猪口にしないためにも、ビニール傘をしっかり握り直して自転車を走らせるのです。遅刻しないように。。。。。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/3-fcc260d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。