Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/16-776dd659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

燃えよドラゴンを観る

a1


1973年香港、米映画、ブルース・リー主演。

有名な映画ですがちゃんと観たのはこれが初めてです。
少し前までたまにTV放映されていた気がします、冒頭のあたりのシーンはなんとなく見覚えがありました。
今更ながらですが、ブルースリーの見事な肉体にまず驚きました。フォロワーが後を絶たない元祖アクションスターのようなものなのだから、当然なのかもしれませんが、それにしても細マッチョの極みでした。
映画の中でバレるだろうに、という敵の後をつけるシーンがありましたが、あれだけ俊敏な筋肉質の身体をみると、なんとなくありかな、と思わせてしまうあたりがすごいと思います。
話の内容は置いておくとして。
香港に向かうシーンからなんだろう、この画面の質感は、ということから気になりだして、ああそうだ天知茂明智小五郎の美女シリーズの感じとそっくりなんだ、バックに流れてる曲といい、まんまだな、いやいや明智先生の元ネタがこちらということか、どこのアジアかわからない無理やりなシチュエーションの宴会(終わらない相撲、踊りなんかい!)はパノラマ島みたいだし、秘宝が並んでるシーンは黒蜥蜴みたいだし、それから黒人俳優はまるでアースウィンド&ファイアーみたいなパンタロンだし、白人俳優のタートルネックはちょっとパツパツできつそうよね、とか。
要はツッコミどころやツボが多すぎて、自分としてはとても楽しかったということです。

でも一番の発見はブルース・リーでした。
今までスチール写真でしか知りませんでしたが、動くブルース・リーはずっとずっと格好良いのです。
確かに彼は、伝説的な亡くなり方も含めて、スターだったのだなぁと感心した次第です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/16-776dd659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。