Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/145-a421cfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初盆 娘の役目が終わるとき

再び放置状態になっていましたが、久々に更新する気分になりました。
しばらくガタガタと慌ただしかったのですが、気がつくともう今年も半分以上過ぎてしまいました。毎年同じ事を言っている気がします。

それでも今年の上半期は本当にいろいろありました、一番大きかったのは6月に8年闘病していた実父が逝ってしまった事。倒れてから言葉も出なくて、意思の疎通などほぼ不可能、病院に会いに行っても声をかけて目を見ることしかできませんでしたが、父が居てくれる以上は私は父の娘でいることができました。

これは11年前に逝った母の時にも強く思ったことですが、誰かの娘でなくなるという事は思っている以上に寂しいものです。
母がいなくなった後、実母ほど自分のことを心底から心配して考えてくれる人はいないのだ、とつくづく思いました。自分自身の家族が居て、配偶者とも極めて仲が良くてもそういう感覚が長く続きました。子育てと母の介護とダブルで大変な時間を10年近く過ごした後だったにも関わらずです。
父に関しても、親子らしい会話もなくひたすら双方にとって忍耐といえるような時間を過ごした後なのに「本当のところ、ホッとしたでしょ?」という気分にはなれませんでした。

思えば、私の幼少期は幸福でした。母のリュウマチもまだそこまで進んではおらず、大変しつけには厳しくて真面目一方の両親ではありましたが、落ち着いたゆったりとした安心できる環境でとても大切に育ててもらったのだということが、大人の目で今振り返るとよくわかるのです。両親が完璧だったとは微塵も思いません。人間らしい過ちや弱さもある人達だったと思います。
それでも、健やかで幸せな守られていた子供の頃の記憶があるから、私は頑張ってこられたのだと強く思います。それは何よりの財産として自分自身の中に太い根幹として在るのです。両親それぞれの晩年を看た私は、それは苦労だったのかもしれませんが、今は二人への感謝の思いしかありません。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/145-a421cfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。