Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/141-f60c7657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あけましておめでとうございます

 新年になって早くも3日が過ぎてしまいました。
 昨年に引き続き今年再び大学受験に挑む娘がいるため、このお正月も夫の実家の関西方面へは帰省せず東京で静かなお正月を迎えました。慌ただしく民族移動よろしく帰省するのも悪くはないのですが、両祖母の東京の家をそれぞれ訪れてお正月を迎えながら育ったので、私の中では正月こそ東京にいたい思いがあったりします。それは夫も自分の故郷に正月こそいたいと思うでしょうから、来年はまた慌ただしい民族移動の中に身を投じることになります。行けば楽しいので良いのですが。

 エジプトに暮らす友人が一時帰国中で、帰国以来多忙と発熱でダウンしてしまっているということで、彼女の実家に会いに行ってきました。東京近郊の、私にとっても出身地になる町は数年の間にめまぐるしい変わり方をしていて、昔隣の家の子と栗拾いに行った雑木林など全く跡形も無くなって、車の交通も年始のせいなのか随分多くなって、たまに母のお墓に訪れているにも関わらず驚きました。
 実家があった住宅地までバスで行き、降りたった停留所は子供のころ散々遊んだ公園の横で、その公園の記憶にあるよりもずっと小さいことにもっと驚いたのでした。
 よくよく見知っている(20年離れていても全く迷いません)昔遊びに行ったことがある家々を通りすぎて、昔と変わらない佇まいの彼女の実家を訪ねると、まだまだ小さいけれど元気いっぱいの彼女の娘と共に出迎えてくれました。ご両親に挨拶をして、後は小さなお嬢さんと彼女とお茶を飲みながら話をしていたのですが、小さなレディーが、目を見開いて一生懸命いろいろなことを私に話してくれて、子供の持つ圧倒的なエネルギーに力を貰えそうな気がしました。
 この小さい体のどこにこんなパワーがあるのだろう、私の娘も幼い頃はこうだっただろうか、と記憶を辿ったり。そういえばあの子も小さい頃はお客さんが来るというと大喜びをして当時住んでいた家の外壁の上に登って今か今かと眺めるくらいお転婆だったな、と思い出したり。途中難しくなってきたけれど最近そうでもないな、と思ったり。日本に来てから大好きになったという「妖怪ウオッチ」の話しを聞きながらいろいろな感慨を覚えました。記憶にあるよりも当然お年を召されたご両親を見て、私と彼女もそれなりに年をとってきているな、と思ったり。
 ともあれ、顔を見ることができて良かった、今度は遊びに来てね、とお宅を辞して再び住宅地を歩き、長期療養中の父の関係でお世話になった方のお宅も簡単にご挨拶だけの訪問を。亡き母の良いお友達だった小母さんが急に老けこんでしまって、元々が元気で明晰な方だっただけに心配になり、でも「あなたの事が心配だったのよ」と言われるとありがたいな、と思ったり。
 私がいた頃にはまだ開通していなかったTXの駅まで歩きながら、新しい町の始まりを感じ、また時の流れをとても強く感じた故郷訪問でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/141-f60c7657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。