Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/121-e33e301d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

表現すること

 昨日参加したセッションは、管の人もギターの人も居なくて、ピアノだけという珍しいものでした。ホストさん、私、若者と、三人でうわものを回さなければの状態で、私は途中参加だったのでそれ以前は二人でまわしてたかと思うとなかなかハードだったようです。必然的にピアノトリオでずっと弾き続けたわけですが、けっこうキツイものがありました。
 セッションに行き始めた頃は管二つにギターが入ってなどという編成は無理すぎる、混乱してしまう、と思っていたのですが、だんだん慣れてくると、ピアノトリオほど怖いものはないと思うようになりました。ピアノが何をしたいのかが一番重要なポイントになるので、逃げも隠れもできない、自分の言いたいことをはっきり言うという感じで、あやふやなピアノを弾いていたのでは話にならないからです。
 三回まわってきて、六曲ほど弾きましたがフライミートウーザ・ムーンでは完全に砂漠の旅人になってしまい、熟練のドラマーが優しく回収してくれたから何とかなったものの、冷や汗をかきました。ただ、無理矢理でもピアノトリオで弾き続けた最後には、少し何かが見えた気がします。これを毎日のように繰り返してたら多分一皮むけることもできるのだろうなぁ、と思いました。
 特筆すべきは若者のピアニスト。凡庸にスタンダードを弾くことを拒み、自分のオリジナルを弾き続け、挙句、ホストさんに弾いてくれとムチャぶり。思い上がりと思い込みと勘違いが服着たようなかんじでしたが、表現することがメインの世界ではそれがとても重要なことだと思いました。

 だって何を表現したいかはっきりしてなかったら意味ないのですから。

 実際彼のオリジナルはとても綺麗な曲ばかりでした。あの,そこはかとなく生意気な感じでしばらく突っ走ってほしいところです。なんの照らいもなく自分の目指すもの、やりたいことを表明していく姿はなかなか眩しいものがありました。

It could happen to you
I'll close my eyes
Fly me to the moon
But not for me
Bye bye blackbird
Alice in wonderland
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/121-e33e301d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。