Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/113-1ffcd678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桐島、部活やめるってよ

 小説があるのは知っていましたが、小説より先に映画を見てしまいました。(図書館に夫が予約を入れているらしいのですが、なかなか順番が回ってこない)
 最初から最後まで桐島くんは出てこない、遠目のシルエットとしてちらりとぐらいの感じ。それなのに、桐島の周辺の高校生たちは桐島、桐島、と桐島の存在にすがりつくかのように事あるごとに口にします。彼らにとってのカリスマ、彼らの存在の正当性、自分たちが一番イケてる部類であるという証拠としてその名前を呼ばれる桐島くんってどんな人なのだろう、と思ってみていましたが、結局わからないままでした。
 いわゆるリア充のグループ、バレー、バトミントン等と、非リア充とされるグループ、映画部とか吹奏楽部にわけられているようですが体育会と文化部の対立とかいう単純なものでもなくて、実はリア充も非リア充もどこかでメビウスの環のように繋がって捻れているなぁと言うように見えました。
 なんでも器用にこなせてルックスも良くて女子にモテる桐島の親友菊池くん、それだけ揃っていたらもはや勝ち組、悩みなんて無いでしょうと思いましたが、何でもそつなく出来るために自分の人生に手応えを感じられない、夢中になれるものが見つからない、本人にとっては結構なモヤモヤを抱えていたりします。。。。。
 クライマックスの8ミリ越しに映る屋上での映画部と運動部の小競り合いは、なかなか圧巻でした。

昼間保護者会で娘の高校に行ってきた後だったので、映画に出てくる高校の昇降口とか廊下とか校庭の感じがとてもリアルに感じられました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/113-1ffcd678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。