Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C126]

あけましておめでとうございます!
実は,私たちの一家も,takakoさんの一家のまねして,豊川稲荷にさっき行ってきました.
初めて行ったのですが,狭いところに色んな神様がいるようで,夕方の薄暗い頃だったのでどこかおどろおどろしい感じもしました.みんなの思いが渦巻いてるというか.赤坂プリンスホテルが解体工事で話題になってるのも見られたし,家族にやや受けてました.
  • 2013-01-03 23:09
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C127]

chakaさん、そうですか。あけましておめでとうございます。
まさか、自転車でしょうか?
豊川稲荷は、バイトしていた当時はなんとも思っていなかったのですが、巫女がいるのにお坊さんって変よね、とある時思って調べたことがあります。神仏融合なんですよね。大岡越前も祀られている筈です。結構いろいろなお寺の子息が正月だから駆りだされて、お坊さんの頭数も結構だった記憶が。。
狭い境内にいろいろありますよね、お狐さん像も何か雰囲気を感じさせるかもしれません。私は本殿の左側の小屋でお守りを売っていました。まぁ、歓楽街らしい神様かな、と思います。
赤プリ、見事に解体されてましたね。知ってはいましたが、目にするとおおっ、と思いました。

  • 2013-01-04 00:40
  • takako
  • URL
  • 編集

[C128]

王子から南北線で永田町駅,そこから歩きました.永田町駅では近そうな出口まで行くのにさらに下に降りて行って(地下鉄なのに)最後の階段はそれほど登らずに地上に….永田町の駅が坂の上あたりにあるようで,歩いてわかったけど,周囲は坂がいっぱいですね.
高いビルが多く,空気の澄んだ正月の夕方のせいか,暗くて寒かった.
ちょっと調べて行ったら,曹洞宗らしいですね.そうわかっていたはずなのに,行ってみたらやっぱりお稲荷さんでもあり,参拝に手を叩くかどうかわからなくなりました.
左側の小屋でお守りを買って帰りました.takakoさんは巫女姿が似合いそうです.
  • 2013-01-04 09:09
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C129]

ああ、やっぱり電車だったのですね。なんだか自転車のような気がしていて、夫にそんなわけないだろう、と言われていたところでした。
周囲は坂がいっぱいです。赤坂見附の地下鉄駅は記録的な台風が来ると必ずといっていいほど浸水する低い場所にあります。赤坂見附の首都高の立体交差している交差点のあたりの景色は、昔のSF映画に使われたと聞いたことがあります。惑星ソラリスだったかな?違うかも知れませんが。
  • 2013-01-04 23:39
  • takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/104-fe156404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初詣

 あけましておめでとうございます。
 今年はお正月に主人の実家へ帰省しなかったので、子供が受験生でもないのに珍しく東京で新年を迎えました。
 元旦に関東で初詣することが珍しいので、ふと思いついてうんと都心部に行こう、と赤坂の豊川稲荷に行って来ました。このお稲荷さんは、実に四半世紀以上前、足掛け7年巫女のアルバイトをしていたところで、懐かしくなって中の人から外の人となってお参りしてみたいな、と思ったのです。立地の関係と商売繁盛の神様ということもあって、芸能人や水商売系の参拝客が多くて素朴な高校生だった当時、御札、お守りを買いに来る人達のあまりの玄人っぽさに目を丸くしたものでした。
 久々に訪れた豊川稲荷はお元日ということもあって、かなりの参拝客が通りにあふれていました。それでも並ぶこと30分位で本殿まで辿りつけたでしょうか。昔はなかった古札収めどころやお守り販売の建物を見ていると、氏子の人たちの名前が入った赤い提灯がさがっているのに気が付きました。某少年アイドルたちを擁する大手芸能プロダクションの名前と、いまやそこの皇帝とまで言われるH山さんの名前も。彼は毎年必ず来ていたなぁと思いました。芸道精進と書かれた文字を見て、ストイックな人なのだなと思いました。
 なんてことはない(特に家族にとっては)初詣でしたが、懐かしい一時でした。晴れ渡った空と赤坂見附の首都高やホテル、246の入り混じった風景は、私にとってはお正月の懐かしい風景の一つです。
スポンサーサイト

コメント

[C126]

あけましておめでとうございます!
実は,私たちの一家も,takakoさんの一家のまねして,豊川稲荷にさっき行ってきました.
初めて行ったのですが,狭いところに色んな神様がいるようで,夕方の薄暗い頃だったのでどこかおどろおどろしい感じもしました.みんなの思いが渦巻いてるというか.赤坂プリンスホテルが解体工事で話題になってるのも見られたし,家族にやや受けてました.
  • 2013-01-03 23:09
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C127]

chakaさん、そうですか。あけましておめでとうございます。
まさか、自転車でしょうか?
豊川稲荷は、バイトしていた当時はなんとも思っていなかったのですが、巫女がいるのにお坊さんって変よね、とある時思って調べたことがあります。神仏融合なんですよね。大岡越前も祀られている筈です。結構いろいろなお寺の子息が正月だから駆りだされて、お坊さんの頭数も結構だった記憶が。。
狭い境内にいろいろありますよね、お狐さん像も何か雰囲気を感じさせるかもしれません。私は本殿の左側の小屋でお守りを売っていました。まぁ、歓楽街らしい神様かな、と思います。
赤プリ、見事に解体されてましたね。知ってはいましたが、目にするとおおっ、と思いました。

  • 2013-01-04 00:40
  • takako
  • URL
  • 編集

[C128]

王子から南北線で永田町駅,そこから歩きました.永田町駅では近そうな出口まで行くのにさらに下に降りて行って(地下鉄なのに)最後の階段はそれほど登らずに地上に….永田町の駅が坂の上あたりにあるようで,歩いてわかったけど,周囲は坂がいっぱいですね.
高いビルが多く,空気の澄んだ正月の夕方のせいか,暗くて寒かった.
ちょっと調べて行ったら,曹洞宗らしいですね.そうわかっていたはずなのに,行ってみたらやっぱりお稲荷さんでもあり,参拝に手を叩くかどうかわからなくなりました.
左側の小屋でお守りを買って帰りました.takakoさんは巫女姿が似合いそうです.
  • 2013-01-04 09:09
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C129]

ああ、やっぱり電車だったのですね。なんだか自転車のような気がしていて、夫にそんなわけないだろう、と言われていたところでした。
周囲は坂がいっぱいです。赤坂見附の地下鉄駅は記録的な台風が来ると必ずといっていいほど浸水する低い場所にあります。赤坂見附の首都高の立体交差している交差点のあたりの景色は、昔のSF映画に使われたと聞いたことがあります。惑星ソラリスだったかな?違うかも知れませんが。
  • 2013-01-04 23:39
  • takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/104-fe156404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。