Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化していく、進化していく

今回のセッション
演奏した曲
If I should loss you
There is no greater love
On green dolphin street
It could happen to you
Now's the time

セッションに行くたび感じることがあります。
ジャズはその都度違う演奏になって大変面白い音楽だと思うのですが、あまりにジャズの様式が確立されすぎているのではないか、と。
もう既に、ジャズはその来歴を飛び越えて、ヘタをすればクラシックの一領域に収まってしまいかねないほど理論も方法論も出来上がってしまっていると。
基本リズムはチーチッキ、チーチッキの4ビートだし、この曲のときはここはこうやるのが定番でとか、お決まりのイントロとかエンディングとかも結構あったりして、なんだつまらん、と思うことも時にあります。
そしてそれは特に日本のアマチュアの中で顕著なのかもしれません。
ニューヨークには行ったことがありませんが、ニューヨークで演奏されている最先端のジャズミュージシャンの演奏をメディアを通して耳にする時感じることは、自分が日頃行くセッションとはえらく乖離しているな、ということです。

もっと進んでいる、もっと今日的、即時的。

それはプロとアマチュアの違いだけではなくて、日本人の様式、秩序を重んじる、謙虚が美徳とされる、そういった特徴が、イマイチ自信をもちきれないアマチュアの現場では強く作用して、お決まりコースが出来上がってしまう結果なのだと思います。自分自身ももれなくそういった中の一人だということを自覚しています。
管楽器の方などは、自由度高くちょっと新しめの曲を、8ビートやファンクな感じで演奏することも多いですが、
どこか自己満足臭が漂う気がします。自分がピアノトリオ志向だからかもしれませんが。
 
今回のセッションでは一人ずば抜けて自分の世界をもっているピアノの人がいました。まだ若い男性で、少しはプロ的な活動もしているようですが、本当に基本的な押さえ方を教えてもらっただけで、あとは現場に通いつめて身に着けて行ったということ。バップが弾けなくて、と笑っていましたが、弾けなくていいのではないかと思いました。バップを消化してしまえるならともかく、消化不良おこしてアップアップしているくらいなら、弾けない方がまだましだ、と思います。軽く50年以上も前のことをやるよりも、どんどん新しく、自分の音を開拓していったほうが、それは即ちジャズということなのだと思うのです。

自分はどういう風に弾きたいのか。それを自由に表現できるようになりたいものです。
スポンサーサイト

桜満開

桜が満開になりました。街のいたるところに桜色が帯のようにあふれていて、暖かい明るい気持ちになります。
桜餅、桜湯。桜餅の葉の部分、桜湯に使う桜の花、どちらも塩漬けにされていてかすかにしょっぱいせいか、桜の花を見るとそれらのほんのり塩の効いた味を思い出してしまいます。桜の花を見るとふんわりとした気分と共にどこかしょっぱい感覚になります。
結婚が決まった時、母が桜湯をいれて、初めて家を訪れた義母を迎えていたことなど思い出します。遠い昔のことのようです。。。

今日は震災以来はじめてのセッションでした。
ここ一年ばかりの間、それ以前とは比較にならない頻度でセッションに行っていたせいか、しばらく行かないでいると自然とピアノを弾いてきたくなるようです。
そして今回は何だか楽しいセッションでした。久しぶりに手応えがあった、自分の音とドラムやベースの音が上手く絡むことができた、そう思えたセッションでした。自分で思っているだけかもしれませんが。

演奏した曲
All of me
Bye bye black bird
Autumn leaves
Love
I'll remember April

四月になりました

暖かい春がやってきました。
桜の花もちらほら咲き始めています。例年よりいくらか遅いのでしょうか?
本来花粉症なのですが、どういうわけか年々症状が軽くなってきています。ババっと発症したのが大学受験の年で、入学後、五月になってもウサギのような赤い目が治らず苦しかったのですが、今では時々思い出したように発作的なくしゃみに襲われることがあるくらい、普段は少し鼻がむずむずするくらいで済むようになりました。
年齢とともにストレス耐性が高まったのか、あるいは免疫力自体が下がってきて、アレルゲン?に対しても緩慢な反応しかしなくなったのか。まぁ図太くなったのが本当のところかもしれません。

三月は娘の受験が終わってほっとしたのも束の間、経験したことの無い地震でパニックになり、がたがたしているうちに終わってしまった気がします。
療養病院に入院中の父親の確定申告を期日ギリギリに終わらせられて安心しきっていたら、介護保険の更新が確か三月中だったのではないかと、大変なことになると思って昨日は大慌てで区の社会福祉課に。
係の人に、大丈夫四月三十日まで有効ですと言われて、脱力しました。
ただでさえあまり整理されているといえない頭の中がさらにとっ散らかってしまっているようです。

今日は父の五回目の転院でした。
今まで居た医療グループが新しい福祉園を作ってそこの中の介護老人保健施設という名称の(実質的には療養型病院と同じ)施設に引越しをしました。政府の療養型病床を無くしていくという方針に伴っての措置です。
新しく綺麗な場所ですが、物言わぬ父はストレッチャーでこれまた新品の介護車に乗せられて運ばれました。
最初の転院の時は、車椅子に座っていたなぁ、と思うといまさらながらやりきれない思いがしましたが、まだ私自身や、孫のことをわかってくれるだけいいのかと思うことにしています。

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。