Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンポキープ

ジャンルにとらわれずに、心地よい音楽の条件はまず第一にテンポキープだと思います。
壮大なシンフォニー、コンチェルト、ロック、ポップス、ジャズ、歌謡曲、・・どれも一定のテンポに乗って演奏されます。速さやリズムはそれぞれジャンルや曲によって違いますが、必ずその中でテンポはキープされています。
もちろんメトロノームのように正確に刻めば良いというわけではなく、グルーブ感故の緩急は出てくるものだしそれによってより音楽は生きてくるものだと思います。テンポがある上での自然な流れというわけです。
人もそれぞれのテンポに従って日常生活を送っています。時々意図的にスパイス的な事を混ぜ込みながら、あるいは不本意にイレギュラーな事が起こりながらも、基本は各人のテンポに乗って日々を過ごしています。

今回の震災では多くの人達がテンポを奪われてしまいました。回復するには大変なエネルギーと時間を要するのは間違いないことです。離れたところにいる人間にできることは、常に忘れること無く小さいことでも自分にできることがあったら行動するしかないと思います。
情報に右往左往するのではなく、自分のテンポの上で日々を送って行きたいと思います。
それにしても、いまだに余震の揺れでさえ、とても怖く感じます。
スポンサーサイト

買い過ぎです

イナゴの大群が押し寄せたのか、この世が終わりを告げてるのか、みなさん本っ当によく買い物をします。
確かに非常事態です。地震に続いて今度は停電。ある意味パニック状態に陥っているといっても言い過ぎでないくらい物凄い勢いで商品が買われていきます。
パンやおにぎりはもちろん、ろうそくやライターの類も姿を消しはじめました。

もちろん備えなけれはならないけれど、あまりの凄さに地震被災地の映像とはまた別の意味で強烈な記憶になりそうです。あきらかにあおられ過ぎているように思えます。

一日4時間~6時間、電気のない生活をする。病院や介護施設、自宅療養の方には不可能なことだと思います。普通の生活をしている人達と同じわけにはいきません。
日常生活に不自由が生じるのは大いに困るのですが、これをきっかけにエネルギーの無駄遣いの見直しでもしてみるといいのかもしれないと思います。
個人の生活レベルの話から、街の無意味なくらいのネオン、過剰な街灯、ダイオードを使用してまでやる必要があるのか疑問なイルミネーション。
あのネオンの猥雑感が都心部の魅力の一つでしょ、という感じもしますが、いろいろと見直す時なのかもしれません。

大地震

全く凄い地震が起こりました。
家の中の家具は倒れなかったものの、テレビもパソコンも吹っ飛び、母の仏壇も倒れる、本棚や棚のあちこちにのせていたものはことごとく飛び出して散乱する、閉じ込められたら怖いと思って玄関を出れば建物全体が大きく揺れて、電柱もゆらゆら、地面がともかく揺れてどこにいても揺れているという、初めての経験でした。
東京で震度5強であの感じだったのだから、東北の人達はどんなに大変だっただろうと思います。続けて津波、原発の被害が報道されて、暗澹とした気持ちになります。
何が起こったのかが時間が経つにつれて明らかになってきてテレビで見ていても呆然とするのだから、被災地の方々の事を考えると本当に胸が痛みます。
それにしても、余震もいい加減にしてほしいところですが、いくらか落ち着いてきているようですね。

買い物をするため夕方吉祥寺に行きました。
不思議なほど日常的な風景がひろがっていましたが、よく気をつけてみてみると、買い置き目的の人が多いようで、トイレットペーパーを3パックくらい抱えている人が特に目につきました。西友に行くと長蛇の列。品物もほとんど空。特に今回どこに行ってもパンが全くありませんでした。
少し夕暮れの井の頭公園で休憩して帰ろうとした私たちの後ろから足早に抜かしていった細身の男性が。
実に久しぶりにお見かけする楳図かずお先生でした。
時期が時期だけに、『漂流教室』がなんとなく頭に浮かんでしまいました。

ピアノのレッスン

二年ほど前から、本当にごく少しの、主に年配の方にピアノを教えています。
ジャンルは生徒さんのご希望にあわせて、クラシック、ポピュラー、ジャズ(要するにコードを使う演奏)などです.

前任の先生からの引継ぎではない、私のクラスの一番最初の生徒Aさんは、最初から日本の抒情歌をコードで弾けるようになりたいとハッキリとした希望をお持ちでした。
初めのレッスンでは唱歌にコードをつけた譜面から始めましたが、簡単なスタンダード、昭和歌謡など、これまでいろいろな曲にチャレンジされてきました。曲の選択は私がしていますが、実は昭和歌謡が好きな自分としてはこのレッスンが結構楽しみなのです。
Aさんに簡単な伴奏をしてもらって自分が歌ってみる、Aさんの演奏にリズムをつけてベース部分を弾く、音楽って楽しいなと思えます。
こういうレッスンの時には、コードの音の積み方以外は音楽上よほど問題でない限り生徒さんの弾き方や指使いを訂正しません。クラシックとは違ってすべてが個性として生きてくると思うからです。
どんなジャンルであっても、上手くなくても人と音を合わせられるのは楽しいことです。

縁あってジャズの師匠から託された仕事ですが、仕事と言うには余りに細い糸ですが、必要とされるのであれば続けたいと思っています。

サクラ咲く


写真は梅の花です。小金井公園内の梅林、ある時期まではこの梅の花が国内では一番大きな(バラのような)花を咲かせる種類だったらしいのですが、現在は武蔵野という種類の花が最も大きい花を咲かせるらしいです。説明を走り読みしただけなので、ちょっとあいまいです。

娘が無事に志望校合格しました。ようやく春が来ます。
長くて大変な一年でした。自分自身が受験生だった時よりもずっと身が削れる思いでいましたが、本人の大変さは、毎年必ずひいていた風邪やインフルエンザと全く無縁に過ごせたことを思えば、その気合いや緊張感が推し量れるというもの、さぞかしハードなことだったでしょう。
いろいろな人に出会って、いろいろな経験をして、世界をひろげていってもらいたいものです。

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。