Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C142]

年末年始の首都圏のみんなではらっちゃったような空は私も好き.
Thelonious alone in San Franciscoを聞きながら,こたつに寝そべって窓に見える
空の切れ端でも眺めたい.今はこたつもないけどね.

去年の秋ぐらいから年始は,ビル・エバンスをかなり聞きました.
前よりずっと魅力がわかってきました.
ピアノは習ったことはないけど,指と周囲の空気を通じての振動が弾き手に作用して
るのがよくわかる.ピアノとの対話.

ビル・エバンスもモンクもかなりピアノの中に深く入り込んで行ってしまったように思われます.聞いている人がいることも忘れてしまっているような,こっちの世界に戻って来れないような遠くまで…そこが魅力でもあります.

バッハもいいですね.先日たまたま入ったスタバで,ゴルトベルク変奏曲が流れて,胸にひたっと沁みいってきました.胸に沁みるなんて,不思議.

takakoさんもピアノに魅了されているようで何よりです.
今度聴かせてね.
  • 2016-01-30 13:21
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C143]

chakaさん
最近ピアノに向かう時間が多くて、パソコンに向かうのは寝る前の数十分くらいになってしまいました。
しばらくセッションも行っていませんが、それも逆に落ち着いてピアノに向かうには良いのかもしれません。もちろんいずれまた、外に出て弾くことも視野に入れてはいます。

考えてみれば、以前自分のピアノでジャズを初めた頃は娘も幼稚園で、実母の介護をしながらで、ダブルケアの状態で常に何かに追われながらちょこちょこ練習していたのです。

今も気がかりは有るとはいえ、初めてそのことだけ考えられる状態でジャズに向かい合えているので、当時腑に落ちなかった事(主に理論的なこと)が今になって眼から鱗なことがあったりして、ジャズ再発見の心境です。
バッハもモーツァルトもしかり。こちらは生徒にレッスンで弾かせてる手前、自分も勉強しなければならないのですが。

バッハのゴルトベルクは美しいですよね。私は昔ダニエル・バレンボイムのコンサートでゴルトベルクを聴きましたが最初の一音の響きの美しさに落涙しました。。。。



  • 2016-01-31 01:20
  • takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/144-ff5ac95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あけましておめでとうございます

新年あけてから、はや10日が過ぎました。
年の暮れから正月にかけて、この度は民族大移動に身を投じたため、東から西へ、西から東へと慌ただしく過ごしたのでした。
義理の家族は楽しい人達で、一緒に集まるのが嫌というよりは、お正月は東京にいたいと年を取るごとに切に思うようになっている自分がいます。幼い頃から東京の両祖母の家にそれぞれ親族集まって過ごした名残がまだ残っているのでしょう。そして、お正月の都内の空気が一年の中で一番好きだというのもあります。最も、行ってしまえば神戸の眩しい光も、琵琶湖に流れる川の情緒的な景色もとても良いのですが。

昨年12月に購入したピアノはまるで昔から私のもとに在ったかのように馴染んでいます。
気がつくと毎日2時間位は弾いてしまっています。
電子ピアノではまるではかどらなかったスタンダードのコード進行覚えも、なんだか苦にならず、これは弾いていて楽しいせいだと思われます。それから結果的に少し冷却期間を置いた形になったので、かえっていろいろなものが自分の中に定着したのかもしれません。
バッハもやはり好きで、指の訓練もかねてほぼ毎日インベンションを全曲弾いています。その他モーツアルトのきらきら星変奏曲。指の運動に調度良いのです。
昔弾いた、リストの超絶技巧系の曲やベートーベンのソナタなどは、完璧な防音をしないと恐ろしくて弾けません。
完璧な防音をしても今弾けるのか??
当分心はバッハとジャズでいっぱいと思われます。。
スポンサーサイト

コメント

[C142]

年末年始の首都圏のみんなではらっちゃったような空は私も好き.
Thelonious alone in San Franciscoを聞きながら,こたつに寝そべって窓に見える
空の切れ端でも眺めたい.今はこたつもないけどね.

去年の秋ぐらいから年始は,ビル・エバンスをかなり聞きました.
前よりずっと魅力がわかってきました.
ピアノは習ったことはないけど,指と周囲の空気を通じての振動が弾き手に作用して
るのがよくわかる.ピアノとの対話.

ビル・エバンスもモンクもかなりピアノの中に深く入り込んで行ってしまったように思われます.聞いている人がいることも忘れてしまっているような,こっちの世界に戻って来れないような遠くまで…そこが魅力でもあります.

バッハもいいですね.先日たまたま入ったスタバで,ゴルトベルク変奏曲が流れて,胸にひたっと沁みいってきました.胸に沁みるなんて,不思議.

takakoさんもピアノに魅了されているようで何よりです.
今度聴かせてね.
  • 2016-01-30 13:21
  • chaka
  • URL
  • 編集

[C143]

chakaさん
最近ピアノに向かう時間が多くて、パソコンに向かうのは寝る前の数十分くらいになってしまいました。
しばらくセッションも行っていませんが、それも逆に落ち着いてピアノに向かうには良いのかもしれません。もちろんいずれまた、外に出て弾くことも視野に入れてはいます。

考えてみれば、以前自分のピアノでジャズを初めた頃は娘も幼稚園で、実母の介護をしながらで、ダブルケアの状態で常に何かに追われながらちょこちょこ練習していたのです。

今も気がかりは有るとはいえ、初めてそのことだけ考えられる状態でジャズに向かい合えているので、当時腑に落ちなかった事(主に理論的なこと)が今になって眼から鱗なことがあったりして、ジャズ再発見の心境です。
バッハもモーツァルトもしかり。こちらは生徒にレッスンで弾かせてる手前、自分も勉強しなければならないのですが。

バッハのゴルトベルクは美しいですよね。私は昔ダニエル・バレンボイムのコンサートでゴルトベルクを聴きましたが最初の一音の響きの美しさに落涙しました。。。。



  • 2016-01-31 01:20
  • takako
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mikenekopigeon.blog52.fc2.com/tb.php/144-ff5ac95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

takako

Author:takako
きままに音楽や映画、時々本のこと、日常のことを書きます。
ジャズ・ピアノ好き

最新記事

Flash Piano

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。